<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
逆子直しの恐怖
8カ月に入りまして、ますます立派な妊婦腹をでーんと構えておりますわたくしですが、暑さに負けてます。そして、生まれるのは10月末なのにすでに臨月のようにでかい腹を見た薬屋のおばちゃんなどが「まあ、もうすぐね〜」とよく言います。
そうそう、腹はでかいし、あかんぼも4キロ超の予言をされたはずでしたが、28週の検診で初めて出たあかんぼの出産時推定体重は2700gでした。あら標準値じゃないの。じゃあこの腹はいったい何?とにかく今はその推定体重が幻とならないように祈るばかり。

ところで、7月の終わりに受けた検診でなんと逆子と判明。
明日香医院では逆子のお産は受けていず、転院の処置となるので
すぐに助産師(助産婦は変換できたけど助産師はできなかった。やはり後からできた呼称だから?)さんが逆子直しをしてくれる。

逆子直し。これ体験した人どのくらいいるでしょうか?
すごいんです。お腹の上から両手であかんぼの体位を確認し、これが多分頭で〜、これがお尻かな〜なんてとこまでは一緒に触ったりして余裕綽々なのですが、
「はいいきますよ〜」の合図ともに両手を恥骨の上辺りにぐいっと差し込み、うんしょっと持ち上げ(失敗するので何度か)、「いまお尻が外れましたからね〜」という天使のような声とともにそれを両手でよいしょよいしょと回転させるのです。私はといえば、全く心の準備ができていず、だって先生ったらものすごく簡単に治りますよ〜なんて安心させるんですから。とりあえず、お腹の上から超魔術によって内蔵を捕まれ回転させられているといった疑似感覚を味わいながら冷や汗の約15分間をなんとかやりすごしたのでした。

この逆子直し、ものすごいお腹への圧力がかかるので当然のことながら施術前はトイレを済まし、食事もなるべく摂らないようにとのこと。心の準備はできていなかったけれど偶然時間がなくて食事をしていなかったので助かりました。

で、苦労してなんとか頭を下まで持ってきて、固定するために腹帯を巻いて、頭が子宮口部分の空間にしっかりはまるようにしばらくあぐらをかいてじっとして待つ。
そいでもってなるべく揺れないように。今日は湯船には入らず、しばらくは長時間のドライブも避けてと。しまった。8月末に北海道にゆくのです。先生に恐る恐る打ち明けると、「あらい〜じゃない。行ってらっしゃい」と快諾。それまで週に一度体位確認するし、もし不安定だったら旅行の直前に直して、帰ってきてすぐまた直してあげるからと。普通の病院だと余計な診察が増えるし良くないことをわざわざ勧めることは決してないだろうに、楽しいことは止める必要なし!という明日香医院大野先生の大らかさに感謝なのでした。

んでもって翌週2度目の体位確認では幸いちゃんと頭が下にあり、まず一安心でした。まだちゃんとはまっていないのですがこのまま保ってくれると助かるんだけど。
[PR]
by iam_nanae | 2006-08-10 16:03 | life



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31