<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今日の抜粋 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリーフランキー著より

--
母親というのは無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれる事を
心の底から願います
どんなに高価な贈り物より
我が子の優しいひとことで
十分過ぎるほど倖せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです
--

去年エンタクシーに連載中に一部を読んで、感動し
本が出ていないのに勝手に去年度私的ベスト10入りを果たしたこの本。
そろそろ出るかなあと思っていたら、
夫が会社の知人から「号泣するから読んで」と借りてきた。
待ちきれずお借りしたほうを読んでから、勿論自分で買った。
お返しに、こないだまで自分の中で今年一番!と思っていたが東京タワーにあっさりその座を奪われた、奥田英朗の「サウスバウンド」をお貸しした。

めちゃめちゃ実話。ドキュメンタリーとも言える。でも時々リリーさんの素敵な文章で装飾される。抜粋したいところが山ほど出てきた。この人はすごい作家かもしれない。と思う。
しかしあえて、リリーさんの文章ではなく、最後に出てくるオカンの詩を選んだ。

料理と花札が好きで、人のことばかり気を配って、貧乏なのにもてなすことに一生懸命で、若い人はみんなお腹が空いていると思って、訪ねてくる息子の知人に振る舞うために二人暮らしなのに毎日5合の飯を炊く。唯一息子に本気で怒ったことは「男が金のことぐちゃぐちゃ言いなさんな!」ということ。そして息子を本当に本当に愛しているオカン。
オカンの人生は苦労だらけだったけど、世界一幸せな一生だったのではないか?
私は自分の母親と重ねてしまった。やはり苦労して育ててくれた母。
ありがとう。
オカンや母のように愛情に溢れた強い母親にわたしもなりたい。

リリーフランキー初の長編で、これからももっと面白い本を書いて欲しいけど、
この本は母の死と対面することによって、どうしても書かずにはいられなかったものなのだと思う。だからこれほど思いの詰まった本は、後にも先にももうこれだけなんじゃないかな。これはいわゆる、母への長い長いラブレターのようなものだから。
[PR]
by iam_nanae | 2005-08-12 10:49 | books
初期不良地獄
今日携帯の機種交換をしたその日に、充電をしたら起動しなくなった。
初期不良。即日交換。

昨日、先月買ったばかりのPowerBookが起動しなくなった。
初期不良(もしくは販売店によるメモリ増設時の外的トラブル)と判断され修理出し。

去年、買ったばかりのHDDレコーダー。
一定時間録画するとぶっこわれるという初期不良。新品と交換。

去年、買ったばかりの食器洗浄器。
地震感知センサーの取り付け不具合により、作動エラー。部品交換。

去年、洗濯機に穴が空いた。(これはライターを洗ってしまったウチが悪かったのかもしれないけど)
部品がないので新品の新型モデル(新機能搭載)と交換。保証期間は過ぎていたけど無償。

最後のはラッキーだったけど、まあこれだけ初期不良が続くとなんだか自分が悪いのではないかと思ってしまう。限りなく安い新品を探して買っていることがいけないとか。
クーラーを買ったときに店の人に聞いたけど、量販店と街の電器店ではモノが違って、シリアルをみればわかるとか。
あとは、電化製品が壊れやすい体質とか、磁場とか、静電気とか、風水とか、鬼門とか。
でも中古品とかネットの格安物を買っているわけでもないのにな。
私が悪いわけではないのに、だんだんクレーマーとしての素質が磨かれていっている気がする。
[PR]
by iam_nanae | 2005-08-09 20:51 | life
今日の抜粋 「サウスバウンド」
「サウスバウンド」奥田英朗著より

----
母が船から岸に上がり、姉の前に膝をついて言った。
「人の物を盗まない、騙さない、嫉妬しない、威張らない、悪に加担しない、そういうの、すべて守ってきたつもり。唯一常識から外れたことがあるとしたら、それは、世間と合わせなかったってことだけでしょう」
----

奥田英朗の最新作は、とーってもとーっても面白かった。今年読んだもので一番。
「空中ブランコ」で直木賞をとってしまってから、しばらくぶりの長編だったけど、
相変わらず勢いは衰えず、新たなとんでもキャラの出現に圧倒。
後半はほとんど西表島と石垣島が舞台で、それがまた素晴らしく羨ましい。
ちょうど夏休みに石垣に行く計画をたてていたので、心が踊りまくっている。
元過激派の父とそれを支える母と小学6年生の主人公。そして兄弟と友達、沖縄の住民。みんな人間的すぎて面白くって心が温かくて癒された。
あーあ。読み終わっちゃった。って思った。
もう一回読もうかな。
[PR]
by iam_nanae | 2005-08-04 10:06 | books



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31