カテゴリ:life( 30 )
病院では3800と呼ばれていました
生まれました。
予定日より1日遅れの10/24の夜11:30。3806gの巨大女児でした。

前日の検診で先生にいい感じと言われ、絶対今日中に産みます!と断言したものの、
僅かな陣痛が一向に進まず結局翌日の夜まで家族で悶々としておりました。
結構な痛みになって病院に連絡したのが19:00ころ。30分後に病院に入り、
それから4時間後に生まれました。

始めは長女もはしゃいでいて、私も余裕があったため皆で和気あいあいと出産の支度をしておりましたが、段々と痛みが深くなり、気づいた頃には長女は熟睡。夫は慣れたもので腰のさすり方も前回とは比較にならないほどの上達ぶり。
途中先生の内診が刺激になって、その後入れてもらった病院のお風呂がここで産み落としたいと思えるほどはちゃめちゃに気持ちよく、あれよあれよと言う間にに子宮口全開。初産に比べて進行の早さにびっくりでした。

そいでもって、さあ産むぞ!という時になってから動けなくなる前に体位の変更。
夫があぐらをかいて、膝の上にでかいビーズクッションを置き、そこに斜めにうつぶせるように私が抱きつく形になります。中腰の膝立ちで腰を浮かした状態。
それが産道の通りがいいようで、陣痛時に力み易くもなります。

そこからがものすごい痛みなのですが、声を押し殺すこともできず、私の場合地獄の底のうめきのような恐ろしいうなり声を陣痛の度に発していたおかげで出産後しばらくハスキー母さんでありました。
しかし今回ここで陣痛の乗り越え方のポイントを学習。陣痛の時間はだいたい決まっているので、終わりの時間を計るために「うめき」の回数を数えること。私の場合「6うめき」でした。7うめき目は息を逃す深呼吸として。
終わりが見えると辛さも半減です。その意味もあって先生も今日中には絶対生まれるわよと私を励ましてくれました。実際そういわれてから5分ほどで生まれたのです。

生まれる瞬間はまさに「つるん」。中腰だったのであかんぼはぼとんと下に落ち、産み落とした!という実感を得ました。
あかんぼはすぐに泣き声を上げました。
へその緒がつながったまままたの下をくぐらせて、だっこさせてくれました。
小さくて羊水まみれで心もとないあかんぼを腕にだきました。
熟睡していた長女を起こし、さわらせました。
夫がへその緒を切りました。
先生たちが術後処理をしている間、仰向けになって服をはだけた胸の上にあかんぼを寝かせ、その後洗ってもらって、またしばらくの間腕に抱きながらそのまま休みました。
乳を吸わせたらすごい勢いで吸い付きました。
長女は「ものすごくかわいい」と目をギラギラさせて浮かれていました。それがなにより嬉しくてとても幸せでした。

10日ほど経ち、家での生活も産後の体も授乳の間隔も落ち着いて
今出産時のことを思い出すとずいぶん前のことのように思います。

家族みんなでできたお産の体験が私には宝物です。明日香医院のみなさまありがとう。
次はもう一人増えた家族で、また同じ部屋で産めたらいいなと思います。
[PR]
by iam_nanae | 2006-11-06 17:36 | life
秒読み
長いこと更新をサボっている間に、予定日まで2週間を切ってしまいました。

その間、北海道旅行で雰囲気に浸って帰ってから「北の国から」をバカみたいに夜通し観て寝不足がたたって異常な数値の貧血が出て病院の先生にびっくりされたり、娘が風邪をこじらせて入院して「今生まれないでくれ!」とお腹に祈りながら病院通いをしたり、天然記念物のオカヤドカリを飼い始めて意外とかわいくてはまったり、夫が熱帯魚の水槽をキレイにしてレイアウトに凝りはじめ親子3人で暇さえあれば水槽を眺めて腰が痛くなる日々が続いたり、と色々なことがありました。そして、昨日の検診で、推定体重が3800gを記録!

それにしては腹囲も体重も大きくないので実際はもう少し小さいでしょう。しかし、3500は行っていそうよね。まああなたならそう驚かないけどねわっはっは!前は38週と2日だから明後日生まれているのよねえ。なにかあったらすぐいらっしゃい。あ、でも昨日お産が4人もあって部屋が空いてないしみんな徹夜で大変だったからなるべく明後日以降がいいわあ。あ、これは赤ちゃんに言っているんだけどね。よろしくね。だって。

2700gの普通のお産はやはり幻でした。

確かに下腹部に鈍痛を感じる前駆陣痛と思われるものも数回あって、そのままお産になる可能性も高いから、次回感じたらすぐ来てねと言われて急に緊張が走りました。
まあ入院期間が短いから急なお産でもそう慌てることはないのですが、色々心の準備もあって毎日ドキドキしながら過ごしています。

ちなみにオカヤドカリは2匹いて、ブンチくんとサクラちゃん(娘命名)です。勝手にオスメスにしてますが性別は不明です。なんで不明かって言うと、ヤドカリの性別の見分け方をネットで調べたら、まず殻から出して足の付け根に数本の突起が・・・だと。目が合っても殻に引っ込んでしまう彼らをどうやって殻から出すんじゃい!というわけ。
[PR]
by iam_nanae | 2006-10-11 11:02 | life
逆子直しの恐怖
8カ月に入りまして、ますます立派な妊婦腹をでーんと構えておりますわたくしですが、暑さに負けてます。そして、生まれるのは10月末なのにすでに臨月のようにでかい腹を見た薬屋のおばちゃんなどが「まあ、もうすぐね〜」とよく言います。
そうそう、腹はでかいし、あかんぼも4キロ超の予言をされたはずでしたが、28週の検診で初めて出たあかんぼの出産時推定体重は2700gでした。あら標準値じゃないの。じゃあこの腹はいったい何?とにかく今はその推定体重が幻とならないように祈るばかり。

ところで、7月の終わりに受けた検診でなんと逆子と判明。
明日香医院では逆子のお産は受けていず、転院の処置となるので
すぐに助産師(助産婦は変換できたけど助産師はできなかった。やはり後からできた呼称だから?)さんが逆子直しをしてくれる。

逆子直し。これ体験した人どのくらいいるでしょうか?
すごいんです。お腹の上から両手であかんぼの体位を確認し、これが多分頭で〜、これがお尻かな〜なんてとこまでは一緒に触ったりして余裕綽々なのですが、
「はいいきますよ〜」の合図ともに両手を恥骨の上辺りにぐいっと差し込み、うんしょっと持ち上げ(失敗するので何度か)、「いまお尻が外れましたからね〜」という天使のような声とともにそれを両手でよいしょよいしょと回転させるのです。私はといえば、全く心の準備ができていず、だって先生ったらものすごく簡単に治りますよ〜なんて安心させるんですから。とりあえず、お腹の上から超魔術によって内蔵を捕まれ回転させられているといった疑似感覚を味わいながら冷や汗の約15分間をなんとかやりすごしたのでした。

この逆子直し、ものすごいお腹への圧力がかかるので当然のことながら施術前はトイレを済まし、食事もなるべく摂らないようにとのこと。心の準備はできていなかったけれど偶然時間がなくて食事をしていなかったので助かりました。

で、苦労してなんとか頭を下まで持ってきて、固定するために腹帯を巻いて、頭が子宮口部分の空間にしっかりはまるようにしばらくあぐらをかいてじっとして待つ。
そいでもってなるべく揺れないように。今日は湯船には入らず、しばらくは長時間のドライブも避けてと。しまった。8月末に北海道にゆくのです。先生に恐る恐る打ち明けると、「あらい〜じゃない。行ってらっしゃい」と快諾。それまで週に一度体位確認するし、もし不安定だったら旅行の直前に直して、帰ってきてすぐまた直してあげるからと。普通の病院だと余計な診察が増えるし良くないことをわざわざ勧めることは決してないだろうに、楽しいことは止める必要なし!という明日香医院大野先生の大らかさに感謝なのでした。

んでもって翌週2度目の体位確認では幸いちゃんと頭が下にあり、まず一安心でした。まだちゃんとはまっていないのですがこのまま保ってくれると助かるんだけど。
[PR]
by iam_nanae | 2006-08-10 16:03 | life
桜も満開です
3回目の検診に行って、小さい赤ちゃんに会ってきました。
超音波検査というのは本当に便利。
生まれる前から小さな命の存在を認識できる、こんな素晴らしいものは他にない。
まだ10週ですが、頭、体、これは同じくらいの丸がふたつ。それと体に小さい丸が4つ。どうやら手足。おなかの辺りからへその緒がちゃんとのびていました。
画面ではもぞもぞ動く様子が分かるのですが、自分ではまだ全然胎動は感じないので
どこか違うところにいる赤ちゃんを映している様な感覚です。

うららかな春の日に栗林の隣にある一軒家の病院まで歩いて行く。
途中、満開の桜、沈丁花、こぶし、春のにおいに包まれて、これ以上の幸せはないと実感します。
私には娘がいて、おなかの中には小さい生命が宿っている。
西原理恵子の漫画のなかに、別れた夫から何か欲しいものはないかと聞かれ、子供の親権を持つ西原は「ううん、いらない。全部持ってるから」と答える。そんなシーンがあります。

春は、心が嬉しくなって、小さな幸福を実感し、誰かにやさしくしたい気分になります。
[PR]
by iam_nanae | 2006-03-29 11:30 | life
暖かくなりました。
近所の庭先の梅の木に、うぐいすが2羽とまっていた。
春です。

というわけで妊娠しました。
7週目にはいったくらい。
10月下旬頃が予定日です。
現在つわり真っ最中。
動悸、胸焼け、もやもや、くらくら、睡魔と、疲れとやる気なし
しんどいです。
最初のお産よりひどいので明日香医院の先生に聞いたら、
一人目より二人目、二人目より三人目の方がひどくなるひとも多いとか。
でも、こういうのは気の持ちようだと私は思う。
初診に行った日からつわりが始まり、二人目の方がひどいと言われた日は更にひどかった。症状や病名を確定すると一気に患者が増える現象と同じ。
でも認識しちゃったんだからしょうがない。
しんどくてもあと2〜3週間すればケロッとなくなるはずだから。

ところで実は、調べてなくても自分ではかなり前から確信していた。
その間2回スキーに行っている。そしてこのあともまだ1回行く予定。
周りに心配かけるのと、絶対転ばない自信があったから内緒にしていたけど
じゃけちゃん、あの時わたしは既に妊娠していました。
さすがに来週のスキーはおとなしくしていようかなと思う。

もうちょっとしたら元気になるから
そしたら先のことを色々考えよう。
[PR]
by iam_nanae | 2006-03-16 15:56 | life
今年のブログはこれで。
もう、1月も半ばですが明けましておめでとうございます。

本っ当ーに親ばかですが、最近娘がかわいくてしょうがない。
ふと寝顔を見ていて、これはこんなにかわいいものがもう一人増えたら幸せも倍になるのではないだろうかという気になり、
今年は子供を増やそうと決意する。

思い立ったが吉日で、早速産婦人科を検索。
今の家に近いところでいくつか挙がった候補の中に「明日香医院」があった。
分娩台を使わない自然なお産を主とする助産院のようなところで
興味が湧いたので、そこでお産をする人は買って読まなければいけないという、院長の書いた「分娩台よ、さようなら」という本を入手。まだ全部読んでいないけれど、あくまで自然体を追及したお産の方法に、ほほうこれは、この病院が家の近所にたまたまあったことはものすごく幸運だったのかもしれないと思うようになってきた。

私は一人目の時には会社に通う妊婦だったため、途中で病院を変えた。
妊婦検診は青山のクリニック。お産は新宿の総合病院。
青山の裏手にあるクリニックは先生と看護士さん二人でやっているこじんまりとしていてきれいなところで、割と気に入ってはいたのだけれど、どちらかというと産む人より産まない人へのケアの方が多いらしく大きいおなかを抱えて待合室で座っているのがなんだか申し訳なく思えたこともあった。そこはお産はやっていないので臨月近くに紹介状を書いてもらい総合病院へ。
しかしこれが、とてもつらかった。そもそも診察台に上がってお腹の上にカーテンを敷かれて何やら見えない向こう側でいじくられる。という行為は「診察」という名目がなければ気絶するほど恥ずかしいことで、半年以上診察を受けていても慣れることはできず、新しい病院に移るということはまた新たな知らない人に見られるのだなと思うと憂うつで仕方がない。しかも大きい病院は担当医こそ決まってはいるがたまに臨時で別の先生になったり看護士さんだって毎回違う人が出てくる。仕方がないことかもしれないけれど、自分だってよく見たことの無い思いっきりプライベートな部分を多数の人にじろじろ見られるのはやはり苦痛である。
できればたったひとりの先生(できれば女性。しかし大抵の病院が男の先生)に最初から最後まで診られたいと思っていた。

だから、妊娠もしていないのにお産をする病院を決めるのはまだ気が早いと思われそうだけど
お産の計画を始めた時点で初診から通う病院を決める必要があった。

お産の形はいろいろあって、何が正しい正しくないとは一概に言えないかもしれない。
でも私は思う。育児は子供のため、お産は母親のためにある。と。
妊婦が気持ち良く幸せな環境でお産をできたら、きっと赤ちゃんも快適なはず。
だから私はいろいろな方法があるのならそれを試してみたいし、人生のビッグイベントな約1年間を快適に楽しみたいと思う。

お産の体験や病院についてはまだまだ書きたいことが山ほどあるけれど
今年は妊娠・出産ブログにするつもりなので、これから少しずつ書いていこうと思う。
今朝一応夫に「妊娠とか出産のことブログに書いていい?」と確認したら、少し考えて「いやだな」と言われた。
ごめんね。匿名にするから。
[PR]
by iam_nanae | 2006-01-18 12:23 | life
12月の灯
2階家の小さな窓に控えめに灯した電飾に
小さな女の子が「あのお家きれい」とママに言う
車の影でわたしは頬を染める
心を灯す12月の灯

新しい家に越してから冬が好きになった
育った家は凍えるほど寒くて
布団の中で着替える朝が大嫌い
風呂が無ければ越冬は無理だと思った

小さい時の記憶は
もっともっと冬が寒くて もっともっと夏が暑い
指先のあかぎれや 日焼けの水膨れはもうない
けれど あのとき体中で季節を感じた

10かそこらの時 イブの日に寝ながら干し柿を食べていて
その晩腸に来る風邪を引く
ごちそうもケーキも一口も食べれず
関係ないのに干し柿を恨んだ

リカちゃんハウスが欲しいと手紙に書いて
朝枕元にあったのはパチもんのお人形ハウスだった
子供だって欲しいものなら違いくらいわかる
諦めを覚え 世の中を恨んだ

一昨年はクリスマスツリーを枯らした
今年は危うくポインセチアをだめにするところだった
ガーデニングには向いていない

いろいろなことを思い出す12月のやさしい灯がわたしは好き
[PR]
by iam_nanae | 2005-12-05 10:33 | life
16:17
と思ったらCDの音が消えた。

しまった。ブログに気づかれたか。。

んなわけねー。
[PR]
by iam_nanae | 2005-10-25 16:21 | life
16:15
お。
今度は歌ってないけどエラフィッツジェラルドが流れ出した。
大音量で。
これまでこんなことなかったのに、
一体ご隠居の身に何が??
[PR]
by iam_nanae | 2005-10-25 16:19 | life
16:13
隣のおじいさんが窓を開けて
Yesterdayを英語で歌っている。
大声で。
感無量。
[PR]
by iam_nanae | 2005-10-25 16:14 | life



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30