カテゴリ:drama,tv( 2 )
さとうきび畑の唄
さとうきび畑の唄というドラマを観た。
沖縄の戦争の話。久々にテレビドラマで泣いた。
被害者意識の強すぎる戦争モノは好きじゃないんだけど
これは基本的に戦争反対と家族愛がテーマで、でも描き方がすごく直接的で驚く。

ちょうど今年の夏休みに沖縄に行くつもりだったので、
沖縄について色々調べていたところだった。
あるサイトに載っていた沖縄オバァの話。
---
「ヤマトの兵隊がアメリカーは鬼だから、つかまったらデージ(大変)特に女は犯されて殺されると言ってたから、アメリカーに追い詰められて山に入ったとき、殺されるよりつらい思いするだろうからって、自分の子供をいろんな方法で親が殺したんだ。石で殴り殺し、自分も包丁で首きって死んだ人、手榴弾持ってて家族でそれで死んだ人、あたりは死臭でいっぱいでさ。
 そんなしてるうちにアメリカが私たち見つけて、何か言ってる。でも何だかわからないから生きてつかまったら大変と思って手首切って、あまりの恐ろしさに気を失っていたら、気がついたときはアメリカの兵隊の救護班に助けられ、通訳がなんも心配する事無いってやさしくしてくれた。
それで私も今生きていられるわけさ。逃げようとした若い者を、撃ち殺してたりしてたのはヤマトの兵隊さ。鬼はアメリカーで無くって、日本軍だったって後でわかったよ。」
---

「さとうきび畑の唄」を観て、この話しは本当だったんだなと思った。

戦争はいいことない。
戦争で解決することはひとつもない。
恐怖が人をだめにする。
人を殺すことに正当性なんて絶対あるわけない。

「ブッシュよ恥を知れ」byムーアだ!
[PR]
by iam_nanae | 2004-08-06 23:18 | drama,tv
ウォーターボーイズ
あまり大きい声では言うのは恥ずかしいけど
私は「ウォーターボーイズ」が好き。
映画も、去年のドラマも、そして今夜から始まったドラマの続編もすごく楽しんでしまった。
なぜ大きい声で言うのが恥ずかしいかというと、
私がそれを好きな理由というのが、あまりに爽やかすぎるコテコテ青春ストーリーな内容と、
そして、あまりに引き締まった少年たちの肉体美であるから。

高校生の男の子達のハダカを見てヨロコンでいるなんて
私も歳をとったなあなんて思うけど
女性視聴者の殆どが実は同じ思いなのではないかと思っている。

ほれぼれするほど美しい少年たちの肉体美といってもいたって純粋な意味である。
去年のドラマのメイキングで見たのだけど、
撮影前に最初は泳ぐこともできなかった主人公の山田孝之をはじめ、32人のメンバー達は強化合宿での実に過酷な訓練を経て「シンクロ」をマスターしていった。
ドラマだけではその過酷さはあまり分からないが、見ていると筋肉の変化が歴然と分かる。
最初の方のカラダと最終回に近いカラダでは、ぜーんぜん違うのだ。
生っちょろくてそこらにうようよいそうな、ひょろひょろ高校生の彼らが
段々日焼けしてアスリート並に引き締まっていく。
それが私にはすごく楽しかった。若いと筋肉のつき方も違うのねー。
ってやっぱりおばさん発言になってしまうけど。

そして、今日から始まった続編の1話では、みごとに誰もかれも生っちょろくて白いカラダだった!
これがどう変わっていくのかなー。
と、私なりの楽しみ方で見ていこう。

ちなみに、去年のドラマについては最終回のシンクロ公演のシーンだけ保存してあるから見たい人は言ってね。あ、別に見たくない?
[PR]
by IAM_NANAE | 2004-07-07 00:11 | drama,tv



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31