今夜、すべてのバーで
中島らもが死んじゃった。
「今夜、すべてのバーで」と「ガダラの豚」しか読んでないけど
好きになりかけた作家だったのに。

「今夜、すべてのバーで」はすごかった。
誰でもアル中になる。隣の人はアル中かも知れない。
もしかしたら自分もアル中になるかもしれない。ぜんぜん他人事じゃない。
簡単に手に入る分、ドラッグよりお酒の方が怖い。
本気でそう思わせるような
アル中地獄からの生還を実体験を元に克明に綴っていた。
でも、
どんなにその怖さを理解していてもお酒はやめられなかったんだね。
そしてやっぱり酔って階段から落ちて死んじゃった。

日本ではやらないと著作に残していたのに大麻でつかまったり
アル中を克服した話しを書いてもやっぱりやめられていなかったり
その大きすぎる才能を持て余してプレッシャーに打ち勝つことができない。
人間って弱い。他人事じゃない。
でも私はらもさんが好きでした。
[PR]
by iam_nanae | 2004-07-29 11:22 | books
<< さとうきび畑の唄 言葉の機能 >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31