病院では3800と呼ばれていました
生まれました。
予定日より1日遅れの10/24の夜11:30。3806gの巨大女児でした。

前日の検診で先生にいい感じと言われ、絶対今日中に産みます!と断言したものの、
僅かな陣痛が一向に進まず結局翌日の夜まで家族で悶々としておりました。
結構な痛みになって病院に連絡したのが19:00ころ。30分後に病院に入り、
それから4時間後に生まれました。

始めは長女もはしゃいでいて、私も余裕があったため皆で和気あいあいと出産の支度をしておりましたが、段々と痛みが深くなり、気づいた頃には長女は熟睡。夫は慣れたもので腰のさすり方も前回とは比較にならないほどの上達ぶり。
途中先生の内診が刺激になって、その後入れてもらった病院のお風呂がここで産み落としたいと思えるほどはちゃめちゃに気持ちよく、あれよあれよと言う間にに子宮口全開。初産に比べて進行の早さにびっくりでした。

そいでもって、さあ産むぞ!という時になってから動けなくなる前に体位の変更。
夫があぐらをかいて、膝の上にでかいビーズクッションを置き、そこに斜めにうつぶせるように私が抱きつく形になります。中腰の膝立ちで腰を浮かした状態。
それが産道の通りがいいようで、陣痛時に力み易くもなります。

そこからがものすごい痛みなのですが、声を押し殺すこともできず、私の場合地獄の底のうめきのような恐ろしいうなり声を陣痛の度に発していたおかげで出産後しばらくハスキー母さんでありました。
しかし今回ここで陣痛の乗り越え方のポイントを学習。陣痛の時間はだいたい決まっているので、終わりの時間を計るために「うめき」の回数を数えること。私の場合「6うめき」でした。7うめき目は息を逃す深呼吸として。
終わりが見えると辛さも半減です。その意味もあって先生も今日中には絶対生まれるわよと私を励ましてくれました。実際そういわれてから5分ほどで生まれたのです。

生まれる瞬間はまさに「つるん」。中腰だったのであかんぼはぼとんと下に落ち、産み落とした!という実感を得ました。
あかんぼはすぐに泣き声を上げました。
へその緒がつながったまままたの下をくぐらせて、だっこさせてくれました。
小さくて羊水まみれで心もとないあかんぼを腕にだきました。
熟睡していた長女を起こし、さわらせました。
夫がへその緒を切りました。
先生たちが術後処理をしている間、仰向けになって服をはだけた胸の上にあかんぼを寝かせ、その後洗ってもらって、またしばらくの間腕に抱きながらそのまま休みました。
乳を吸わせたらすごい勢いで吸い付きました。
長女は「ものすごくかわいい」と目をギラギラさせて浮かれていました。それがなにより嬉しくてとても幸せでした。

10日ほど経ち、家での生活も産後の体も授乳の間隔も落ち着いて
今出産時のことを思い出すとずいぶん前のことのように思います。

家族みんなでできたお産の体験が私には宝物です。明日香医院のみなさまありがとう。
次はもう一人増えた家族で、また同じ部屋で産めたらいいなと思います。
[PR]
by iam_nanae | 2006-11-06 17:36 | life
秒読み >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31