トリノももうすぐ終わりですが
女子フィギアに感動して涙してしまった。
氷のハートを抱えたコーエンの、素晴らしいスパイラルシークエンスと妖精のような美しい舞。
やっぱり4回転ジャンプは失敗し、力が続かずに悲壮の表情を浮かべながら踊り続けた安藤美姫を拍手で見守った観客。
女王のプレッシャーと世界中の期待を体中に背負って臨んだスルツカヤ。
そのとき、世界中で一番美しかった、荒川静香。
一番冷静でいられた荒川が金をとったのは結果として当然なのかもしれない。
失敗しないことと、失敗を恐れないこと。メダルに導かれるのは前者。
しかしトライし続ける姿は人々の心を打つ。
スポーツってとてもいいです。

それからトリノで面白かったのはカーリングとスノーボードクロス。
もっともっと観たかったなあ。
小野寺さんと林さんのコンビプレイが最高に決まるとわくわくした。
冬季種目で顔がしっかり写る時間はカーリングが一番長いような気がする。
カーリングはどこに行けばできるんだろう?北海道?

ああ。感動でこんなに涙もろいのはもしかして妊娠しているのか?
と今年のテーマに戻ってみたりして。
[PR]
by iam_nanae | 2006-02-24 15:58 | sports
<< 暖かくなりました。 今年のブログはこれで。 >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31