今日の抜粋 「サウスバウンド」
「サウスバウンド」奥田英朗著より

----
母が船から岸に上がり、姉の前に膝をついて言った。
「人の物を盗まない、騙さない、嫉妬しない、威張らない、悪に加担しない、そういうの、すべて守ってきたつもり。唯一常識から外れたことがあるとしたら、それは、世間と合わせなかったってことだけでしょう」
----

奥田英朗の最新作は、とーってもとーっても面白かった。今年読んだもので一番。
「空中ブランコ」で直木賞をとってしまってから、しばらくぶりの長編だったけど、
相変わらず勢いは衰えず、新たなとんでもキャラの出現に圧倒。
後半はほとんど西表島と石垣島が舞台で、それがまた素晴らしく羨ましい。
ちょうど夏休みに石垣に行く計画をたてていたので、心が踊りまくっている。
元過激派の父とそれを支える母と小学6年生の主人公。そして兄弟と友達、沖縄の住民。みんな人間的すぎて面白くって心が温かくて癒された。
あーあ。読み終わっちゃった。って思った。
もう一回読もうかな。
[PR]
by iam_nanae | 2005-08-04 10:06 | books
<< 初期不良地獄 ホオズキ風船 >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31