問題な日本語
最近よくある日本語の使い方本で、「問題な日本語」というのを読みました。
いろいろ面白かったのですが、その中で。。

「おざなり」と「なおざり」の違い、みなさん知っていました?
正しい使い方は
おざなり:「おざなりな謝罪の言葉」
なおざり:「災害対策がなおざりにされた」
というように、「おざなり」は“いい加減ではあるが一応物事をする”
「なおざり」は“無視してほうっておく”という意味の違いがあり、
全く別の意味になるのですと。
わたしはどちらかが間違っているものだとばかり思っていました。

ふむふむ。
この本は解説内容よりも、ちょこちょこっと書かれた文章が面白くて
たとえば、
「あいつ、きもい」「っていうか、きしょい」「つーか、うざい」・・・君らの日本語がうざいんです・・・
なんで茶を飲むのに「湯飲み」なのか!なんで飯を食うのに「茶碗」なのか!・・・
この本読みたいな〜みたいな〜?
なにげに、はなげ。
「いただいてください」って貰ったんだかあげたんだか、もち上げられたんだか落とされたんだか・・・
「私って朝弱いじゃないですか〜」・・んなこと知るか!と憤る・・・

みんなが使い始めると、一般的な日本語として認められてきたり、新聞だけで使われる漢字の書き方があったり、はっきりと正しい、正しくないと分けきれないところが、日本語を難しくさせているなあと感じさせる本でした。

ってゆーか、私的には、日本語ってちょーむずい!みたいな〜。
[PR]
by iam_nanae | 2004-12-24 14:12 | books
<< 今日の抜粋 オスの上限 今日の抜粋 阿修羅ガール >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31