感ジタ言葉
雨宮処凛 (あめみやかりん)野性時代12月号より抜粋 テーマ「幸福論」

--

イラクという世界の果てに行ってわかったこと。

それは、戦場の幸福論はごくシンプルだということ。

生き延びることが当たり前に幸福と直結するということ。

だけど、
彼らから見たら羨ましくてしょうがないだろう「平和」な国の幸福論は複雑すぎて、
また今日も死ななくていい人たちを救えないでいる。

--


「平和」な国の幸福論は複雑すぎて、
また今日も死ななくていい人たちを救えないでいる。

というところに感動しました。

小学生くらいの頃だったか、
朝起きるのも辛いし、学校も嫌だし、引越が多かったので本当の友達も少ないし
「人間ってなんで生きなきゃいけないのか?」と
人生最初の哲学的な悩みを持ったことがあって、
私は、子供ながらに随分考えた末「それは幸せを感じるためなのだ!」と
結論をだしたことがありました。
それは、今思えばカントの「幸福論」にも通じるところであって
まあ、当たり前のことなんだけど、
小学生の私は、すさまじい「思考」の末に見つかった「答え」に対して
心の底から感動し、「これで生きていける」と安堵もしたのです。
そんな純粋な「幸福」が、生まれた場所、環境によってものすごく変わってしまうことに、大人になった今、あらためて思い知らされたと感じた文章でした。
[PR]
by iam_nanae | 2004-12-06 17:15 | books
<< そりゃないって チキチキバンバン >>



感ジルコトを気ままに綴ります
by iam_nanae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31